今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

日焼け止めの正しい塗り方とは?紫外線対策でシミ・シワ予防!

      2016/06/28

これからの季節は紫外線が気になります。

紫外線対策に、日焼け止めを塗る方は多いですが

正しく塗っていますか?

今回は、日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めの正しい塗り方とは

日焼け止めで一番大切なのは

こまめに塗りなおすことです!

地上に届く紫外線には、A波とB派、2種類があります。

A波は、肌の奥まで到達して、シミやシワの原因になります。

B派は、肌の日焼けを招く紫外線です。

どちらの紫外線も、4月~8月に増えていきますので

紫外線ケアを徹底しましょう!

496abcc382f4f7542d9bcd00f44a3a4d_s

また、紫外線が多い時期は、汗をかきやすい季節です。

 汗で、メイクが崩れやすいので、2~3時間を目安にその都度塗りなおしましょう! 

肌に塗るときには、指でパッティングするようにし、

スポンサードリンク

浸透させすぎないようにするのがポイントです。

日焼け止めの塗り方

スキンケア後、クリームタイプなら、パール2個分

液体タイプなら1円玉2枚分に量を手にとり、

額、鼻、両頬、顎におきます。

トントンと指でパッティングするように

内側から外側へ優しく肌にのせていきます。

日焼け止めのなおし方

日焼け止めを塗りなおす時は、

日焼け止めをなじませたスポンジを用意します。

AI_IMG_7769-thumb-1000xauto-12528

ティッシュなどで、汗や皮脂をオフした後、

スポンジで崩れたファンデーションをふき取りつつ

日焼け止めをのせれば一石二鳥!

最後にパウダーファンデーションでキレイに仕上げます。

まとめ

毎日紫外線ケアをしていても、もし、日焼けをしてしまったら

保湿力の高いパックをしてください。

はちみつなどは、保湿力が高いので、

日焼け後のパックにオススメです。

正しい紫外線対策で、美肌を目指しましょう!

スポンサードリンク

 - 美容 , ,