今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

七草粥とは?意味は?由来は?

   

1月7日の朝に食べる日本の行事、「七草粥」
でも、その意味や由来はあまり知りませんでした・・・
そこで、今回は七草粥についていろいろ調べてみました

スポンサードリンク

七草粥とは?

七草粥とは、7種の野菜が入った粥の事で、1月7日の朝に七草粥を食べます
七草粥の中身は、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ以上の7種の野菜です
七草には春と秋があって、お正月には春の七草を入れて作ります

111036

七草のそれぞれの効果は

 せり ……ビタミンB、カルシウム、鉄分が豊富、胃を良くし、食欲増進に効果
 なずな ……利尿作用、高血圧、胃や肝臓の回復、解熱効果
 ごぎょう ……気管支炎、咳止め効果
 はこべら ……利尿作用
 ほとけのざ ……胃の疲労回復、解熱効果
 すずな ……カルシウム、ビタミンC、ビタミンKが豊富、シミ・ソバカスに効果
 すずしろ ……胃や肝臓の回復、胸やけ、胃もたれに効果

スポンサードリンク

七草粥の意味は?

その年の邪気を払い万病を遠のけて、健康に過ごすことができるという意味が込められています
また、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しく不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を補う効果もあります

作り方は、前日の夜に七草ばやしを唄いながら、まな板の上で叩き、当日の朝、粥の中にに入れます
はやし歌は、鳥追い歌に由来していて歌の歌詞は「七草なずな 唐土(とうど)の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、七草生やす、ストントンストトンストトントン」
大陸から渡り鳥が疫病を運んだり、作物に害を与えないようにと願った歌です

七草粥の由来

日本では古代より、雪の間から芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習があって、これがななくさの原点とされています
また、中国の人日の節句に、「七種菜羹」という、7種類の野菜を入れたあつもの(とろみのある汁物)を食べ、無病息災を祈る習慣があり、中国の「七種菜羹」と日本文化の「若菜摘み」が習合して生まれたものと考えられています

まとめ

七草粥って歴史のある食べ物だったんですね
こうやって意味や由来を知ると、七草粥もありがたく頂けます
ぜひ作ってみて、今年も健康に過ごしましょう!

スポンサードリンク

 - 年末年始 , ,