今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

夏野菜の芋のつるとは?芋づるの栄養や下処理方法は?

   

芋のつるって知ってますか?

この時期、たまにスーパーで見かけますが

どうやって食べていいかわからないって方も多いと思います。

今回は、芋づるの栄養や下処理方法などまとめました。

スポンサードリンク

芋づるとは?

芋づる(イモヅル)はサツマイモの地上部分に伸びた茎の部分で、

先に葉をつけています。

サトイモで言うとズイキのようなもの。

一般的にはサツマイモの副産物として家畜の飼料や畑の肥料にされていました。

P1140167

でも芋づるは美味しい食材で、調理によってはシャキっとした歯ざわりが良く

栄養もあるので、食材が乏しかった戦中戦後などは

一般家庭の食卓に上がることも多かったんですよ。

芋づるは主にサツマイモの収穫前に、

ツルを間引くように収穫されることもありますが、

ほとんどは収穫の際に副産物として収穫されます。

芋づるの栄養

熱帯地方原産のサツマイモは暑さに強く、茎葉の部分には

ビタミンC、E、K、カルシウム、ポルフェノールなどの栄養素がたくさん含まれて

スポンサードリンク

サツマイモの芋を収穫する前の、初夏から秋まで収穫が繰り返しできる

栄養満点の夏野菜なんですよ。

芋づるの下処理方法

葉柄の芋づる・葉に分けます。

芋づるは、そのまま調理すると繊維質が強い事があるので、

一般的には表面の薄皮をむいてから調理します。

1.芋ヅルの端を爪先でつまみ、手前に引くと薄皮が剥けます。

茎全体の皮をむいてください。

2.皮をむいた芋づるは5cmくらいの長さに切り、

灰汁を抜くために30分ほど水にさらしておきます

3.放置後ザルに上げ、たっぷりの水で塩茹でします。

 

下処理をしたら、あとは、煮物、炒め物など

なんにでも美味しくいただけます。

f404e775fcc427e02f29bac34b4ae556

まとめ

いかがでしたか?

めったに見かけない食材だと思いますので、

もし、見かけたときには一度挑戦してみてはいかがですか?

ちなみに私はキンピラが大好きです(*^^)v

スポンサードリンク

 - 生活のアイデア, 生活情報 ,