今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

糖尿病の正しい知識を!症状・原因・治療法は?合併症に要注意!!

   

日本人の5人に1人は、糖尿病または糖尿病の予備軍だといわれています。

また進行すると深刻な合併症が!!

今回は、糖尿病の正しい知識を身に付けましょう。

スポンサードリンク

糖尿病とは?

運動不足や糖質を摂りすぎる現代人に、もっとも危険な糖尿病。

主に40代以上の割合が多いですが、

生活習慣が乱れていると、年齢に関係なくかかる可能性があります。

糖尿病とは、「血糖値が高くなる過ぎる」病気です。

血糖とは、血液中に含まれるブドウ糖のことで、

血糖値はその濃度のこと。

ブドウ糖は体を動かすエネルギー源となる大切な成分で、

すい臓で作られるインスリンが、ブドウ糖の量を一定にコントロールしています。

しかし、インスリンの量が少なくなったり、

筋肉細胞がインスリンの作用に鈍感になると、

大量のブドウ糖が血液中にあふれ、血糖値が高い状態が続きます。

これが糖尿病です。

913df4601382415e5fe604a0ba5bd29f_s

血糖値の上昇による症状

血糖値が少し高くても、最初のうちは自覚症状がほとんどありません。

でも、これが長く続くと、腎臓でブドウ糖を吸収しきれなくなり、

尿中に漏れます。

このとき一緒に水が出ていくので尿量が増え、

その分口が渇くので水をよく飲むようになります。

エネルギー源として、ブドウ糖を上手く使えない状態なので

脂肪を使うようになり、体重が減るのです。

糖尿病でもっとも怖いのは「合併症」です。

高血糖が長く続くと、動脈硬化が生じます。

そして、動脈硬化の進行により、血流障害が生じ

目であれば失明、手足なら切断しなければならない場合も…

腎臓なら腎症から透析、脳なら脳梗塞、

心臓なら心筋梗塞の危険性も出てきます。

kekkan

糖尿病の原因は?

超尿病には「1型」と「2型」があります。

1型糖尿病は、インスリンを作るすい臓の細胞が壊れていて

インスリンの欠乏が生じることで起こります。

日本人の多くの場合は、生活習慣が原因となる「2型」。

2型は、インスリンの分泌不足と、

インスリンの効きが悪くなることが合わさっています。

具体的には、肥満や食べすぎ、運動不足によっておこります。

スポンサードリンク

2044ec4adb23366e9341ebfe3632c5e9_s

遺伝的要因も関与するので、

家族に糖尿病の方がいる場合は注意が必要です。

糖尿病かどうかは、血液検査で調べられます。

「糖尿病」と診断されなくても、予備軍である

「境界型」や「正常高値」と診断されたら要注意です。

定期的に検査を受けましょう。

糖尿病治療は長期戦

糖尿病の治療は、食事・運動・投薬の3つを

体の状態に合わせて行います。

■食事療法

糖尿病の治療で推奨されているのは

「糖質制限食」です。

糖分を多く含む、ご飯やパンといった主食を減らす方法。

血糖を上げる糖質を減らすので、

食後高血糖はリアルタイムに改善します。

食べる量をそんなに減らさずに

特に、肉や魚を我慢せず食べられます。

継続しやすい食事療法です。

33111

■運動療法

運動をすると筋肉細胞により血液中のブドウ糖が使われるため

血糖値が低くなります。

また、運動を長期的に続けると

インスリンの効きがよくなるので、

血糖コントロールができ、合併症予防につながります。

インスリンの効きを良くするには、

ウォーキングやジョギング水泳のような有酸素運動がベストです。

1回10分~30分の運動を週に3~5日以上行うのが良いですよ。

運動療法は長く続けることが大切です。

上手く普段の生活に取り入れましょう!

286634

■薬物療法

食事療法と運動療法で症状が改善しない場合は、

薬物療法を行います。

糖尿病の薬は、飲み薬と注射に分けられ、

患者さんの状態に合わせて選ばれます。

sp

まとめ

いかがでしたか?

糖尿病は治療すれば、初期の糖尿病なら

すぐに血糖値が下がることも珍しくありません。

でも、油断して食事を元に戻したり

運動をサボったりすると、血糖値はまたすぐに上がってしまいます。

大切なのは、長く続けること。

焦らず治療を進めましょう!

スポンサードリンク

 - 健康 , , , ,