今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

節分とは?由来は?豆まきのしかたってどうするの?

   

節分といえば、豆まきです
でも、どうして豆まきをするのかは考えた事がありません・・・
節分の由来や意味、どうして豆まきをするのか・・・などなど
節分と豆まきについて調べました。

スポンサードリンク

節分とは

「節分」とは,季節を分けるという意味が含まれています
季節の分かれ目とは「立春、立夏、立秋、立冬」の事
その各季節の始まりの前日のこと節分と呼ばれていました。

江戸時代以降は、特に立春の前日を指して、呼ぶようになり、雑節の一つとされています。
雑節とは、季節の移り変わりの目安になる日のことです。

節分は、小寒から立春までとされる大寒の最後の日にあたり、寒さは一番厳しいとされてきました。
季節の変わり目には、邪気・鬼が生じると信じられていて、それを追い払う「悪霊払い」の行事が行われます。

節分の由来

節分が、立春の前日のみを指すようになったのには、冬から春に移り変わる時期を一年の境目と考え、
現在の大晦日と同じ意味にあたるとされた為です。

「豆まき」の行事は追儺(ついな)という宮中行事で、「鬼やらい」「鬼走り」「厄払い」「厄落とし」などとも呼

ばれ、疫病や邪気をはらう為の行事で、その行事の「豆打ち」が今の豆まきのルーツといわれています。

なぜ、豆をまくのか・・・いろんな説があります

スポンサードリンク

・昔から、穀物には邪気をはらう力があると信じていた為
・鞍馬山の鬼が都を荒らしまわったとき、炒り豆で鬼の目をつぶしたという伝説がある為
・語呂あわせで、魔目(豆)を鬼の目に投げつけ、鬼を滅する「魔滅」からきている為

豆まきの豆は炒った豆を使います、これは拾い忘れた豆から目が出ると縁起が悪いとされていて
芽が出ないよう、生ではなく炒るようになったそうです

豆まきの「鬼」とは、目に見えない邪気の事で、昔の人は疫病や災害は鬼の仕業と考えていました
つまり 豆まきは、無病息災を祈る行事 だったんです。

豆まきのしかた

豆まきの前は、炒り豆を神棚や高い位置にお供えして、神様に力をいただきます
鬼は暗くなってからやってくるので、豆まきをするのは夜
豆をまくのは、一家の長なのですが、お父さんは忙しいかもしれませんね・・・
豆をまく時は「鬼は外、福は内」と掛け声をかけます

086424

豆まきが終れば、その豆を自分の年に1つ足した数を食べます
豆には栄養があり、体が丈夫になると言われているからです

まとめ

日本の伝統行事の節分、意味を知るとまた楽しくなりますね
今年も豆まきをして、邪気をはらい、健康に過ごしましょう!

スポンサードリンク

 - イベント , ,