今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

猫の寒さ対策!留守時の寒さ対策やグッズにトイレにも注意が必要!

   

猫は寒さが苦手です。

留守時の寒さ対策も万全にして、トイレにも工夫をしてあげて

本格的な冬を迎える前に、猫の健康のため備えてあげましょう!

スポンサードリンク

猫は寒さが苦手!

猫は暑さより寒さに弱く、冬の適温は20~25℃。

部屋の中で快適な場所を探して移動することができますが、

血行が悪くなりがちな老猫や、

体温調整が上手くできない子猫は、

部屋寒くならないように注意が必要です。

寒さ対策

室内の寒さ対策には、ダンボールを横向きに置いて、

中にフリースや毛布を敷いたものを作ってあげるのがオススメです。

 敷物には猫も好みがあって、毛布などは口に入れてしまう子もいるので気をつけてください。 

床暖房やホットカーペットのある部屋に置くのが良いですが、

なければ、フリースの下にペット用のヒーターを入れると喜びます。

 湯たんぽは、低温ヤケドをしてしまう子もいるので注意してください。 

触られるのが好きな子は、腰やお腹を中心にマッサージしてあげても良いですね。

血行が良くなって、体が温まる効果が期待できます。

触られるのが嫌がる子には無理にしないでくださいね。

この他にも、布団のある部屋や日当たりの良い場所を

自由に行き来できる環境にするのもポイントです。

人が寝ている時に、猫が布団に入ってきても怒らず、

猫の好きにさせてあげるなども、寒さ対策になります。

スポンサードリンク

0d74a04714e552705dfcd1bd3336d162_s

留守時の寒さ対策のポイント

・窓際にはマットを!

猫は、部屋の中で暖かい場所を探すことができます。

日のあたる場所にハウスを置いて光を遮らないで、

床にマットを敷いてあげましょう。

・ペット用のヒーターを活用しよう!

座っている場所が暖かければよい猫にとっては、

部屋を暖める暖房は、効率が悪いので、

ペット用のヒーターや、床暖房を活用すると良いでしょう。

・トイレをもう一つ設置!

トイレが寒い場所にある場合は

おしっこを我慢してしまいがちになります。

いつもの場所の他にもう1つ置くか、

部屋からトイレまでの道のりを暖める工夫が必要です。

55ea4c13dcf0521cf8f4c1be75dcecad_s

まとめ

いかがでしたか?

猫の種類によっても、寒さの苦手度は違いますが、

「猫はコタツで丸くなる」と言われるほど、

寒さが苦手なので、冬になる前に対策をしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

 - ハウツー, 生活のアイデア, 生活情報 , ,