今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

アホエンオイルの5つの効果!作り方もご紹介!

   

アホエンオイルには5つの効果があります!

今回は作り方もご紹介しますので、
是非参考にしてください。

スポンサードリンク

アホエンオイルとは?

ニンニクに含まれる成分の一つに、アホエンというイオウ化合物があります。

アホエンは1984年に発見され、アホエンの「アホ(ajo)」とは、
スペイン語でニンニクという意味です。

ニンニクをすりおろしたりすると、アリシンというイオウ化合物ができます。
このアリシンに熱を加えると、温度の高さによって、
3つの成分に分解されます。

その一つがアホエンです。

つまり、生のニンニクには、アホエンは含まれてなく、
アリシンを25~100度の間で加熱することで初めてできる成分なのです。

このアホエンには強力な免疫力増強作用があるため
次のような効果をもたらすことが確認されています。

アホエンの5つの効果

アホエンには驚くべき効果があります。

1.抗がん作用

発がん物質の発生を抑え、ガン細胞を自殺に導く。

2.血栓予防作用

血小板の凝集を抑え、血栓ができるのを防ぐ。

3.抗菌作用

細菌やウイルスに対する殺菌作用。

4.脂質代謝異常防止作用

血液中のコレステロールや中性脂肪の濃度を下げる。

5.その他

脳の神経伝達物質の活性化、肝臓の保護作用、美肌作用など。

 このように、アホエンには薬効がありますが、 酢漬けやしょう油漬けにして、ニンニクを食べても、 アホエンを摂ることは出来ません。 

アホエンをとるなら、ニンニクを油につけたまま
低温加熱する「アホエンオイル」(ニンニクオイル)を手作りするのが良いですね。

スポンサードリンク

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

アホエンオイルの作り方

アホエンオイルを作る時、ニンニクを油につけたまま低温加熱するのは、
アホエンが脂溶性だからです。

ニンニクのアリシンは水溶性ですが、アリシンを加熱してできるアホエンは
脂溶性に変わっています・・・不思議ですね。

【材料】

ニンニク:2片
植物油:100g

【作り方】

1.ニンニクを刻む(あまり細かく切るとにおいが強くなるので注意)
2.耐熱容器に、1を入れ植物油を加える。
3.水を張った鍋に、耐熱容器を倒れないように注意して置き、湯煎する。
4.水が沸騰したら、すぐに火を止め、油が冷めるまでそのまま置く。
5.油が完全に冷めたら茶漉しなどを使って、ニンニクを漉して、完成!

密閉容器に入れて、冷暗所に保存すれば、約1ヶ月はもちます。

Point

・1日小さじ1杯を目安に摂る
・アホエンは高温に弱いので調理後にかける
・冷暗所で約1ヶ月保存できる

アホエンオイルのオススメメニュー!

・パスタ
出来上がったパスタにアホエンオイルを絡めてたり、ソースの隠し味に。
・サラダ
アホエンオイル、塩、コショウを混ぜてドレッシングを作り、サラダにかけて。
・ヨーグルト
アホエンオイルをヨーグルトにかけて食べれば、免疫力増強効果が倍増します。

まとめ

いかがでしたか?

作り方はとっても簡単なのに、
驚きの効果が得られるアホエンオイル!

ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 健康 , ,