今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

バレンタインの由来は?なんでチョコレート?近年は?

   

バレンタインデー、2月14日が近づくと、お店のディスプレイもハート型一色になって、何だかウキウキしますね。

片思いの彼にチョコレートを贈るというチョコレートの企業の策略にまんまとはまった私たち…

近年では、女性同士でチョコレートを送りあったり
お世話になっている方への、感謝の気持ちを込めて送ったりします。

義理ではないチョコレートの手渡しも見られるようになり、
さらには、男性からの購入もあるようで、一昔前とはちょっと変わりましたね。

そんなバレンタインデー・・・
もともとバレンタインデーはどんな由来があるのでしょうか?

スポンサードリンク

バレンタインの由来

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国時代にさかのぼります

当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日でした。
すべての神の女王であるユノは、結婚と家庭の神様でもあります。

翌日、2月15日は、豊作を祈願する(清めでもある)ルペルカリア祭が始まる日でした。

当時の若い男たちと、娘たちは、生活が別々になっていて、
娘たちは祭りの前日、紙に名前を書いた札を桶の中に入れ
翌日、男たちは桶から札を1枚ひき、ひいた男と札の名の娘は、
祭りの間パートナーとして一緒にいることになっていました。
そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚するのでした。

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、故郷に、
愛する人を残した兵士がいると、士気が下がるという理由で、
ローマでの兵士の婚姻を禁止しました。

これを見かねたキリスト教司祭・ウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させていましたが、クラウディウス2世に見つかり、捕らえられ、処刑されてしましました。

処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日が選ばれ、ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされてしまいす。
このためキリスト教徒にとって、この日は祭日となり、「恋人たちの日」となったというのが一般的です。

つまり、バレンタインデーは、キリスト教徒の祭日です
バレンタインデーにはこんな秘密があったんですね。

スポンサードリンク

チョコレートは日本独自の文化

日本では、女性から男性に愛の告白をし、チョコレートを渡す日とされていますが
これは、日本だけの文化で世界各国では違っています。

では、日本のバレンタインはどうしてチョコレートを渡すのでしょうか?

女性が男性にチョコを贈るのは実は日本独自の習慣
欧米では、恋人や友達、家族などにお互いカードや花束、お菓子などを贈ります。

じゃ、チョコって…?
チョコレートは1958年東京都内のデパートで開かれた
バレンタインセールで、チョコレート業者が行ったのが始まりです。

近年のバレンタイン

近年では、女性同士でチョコレートを送りあったり
お世話になっている方へ、感謝の気持ちを込めて、送ったりします。

義理じゃないチョコレートの手渡しも、見られるようになり、
さらには男性が購入し、日頃の感謝を込めて贈るということも見られるそうです。
バレンタインも一昔前とはずいぶん様変わりしましたね。

大手のお菓子メーカーや、デパートなどを見ても、バレンタインチョコの販売の際は
「恋愛対象」のものより、「大切な方へ」と言った宣伝の方が多いようですね。

親が喜ぶバレンタインプレゼント

以外に難しい親へのプレゼント、なんだか照れ臭いかも知れませんけど
娘がいるのに、バレンタインデーに何ももらえないお父さんは、
ちっと、かわいそう・・・

何より、娘のチョコレートを待っているはずです!
日頃の感謝を込めて、チョコレートくらい贈ってあげましょう

111098

甘いものがダメで、お酒好きな、お父さんには、
お酒やおつまみなんかプレゼントするといいですね。

普段のお酒やおつまみよりも、ちょっとだけ高級な物を選んであげると喜ぶと思いますよ

まとめ

国によってバレンタインは違いますが、日本独自の習慣でも
私は大好きです、大切な人へ贈りもをするのは幸せですね
今年もたくさん幸せを贈りましょう。

スポンサードリンク

 - イベント , ,