今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

セルフネグレクトとは?原因は?ゴミ屋敷との関係は?

   

セルフネグレクトとはどういった状態かご存知ですか?

その原因やゴミ屋敷との関係について調べてみました。

スポンサードリンク

セルフネグレクトとは

日常生活を普通に過ごそうとする意欲や生活能力を失い、
自分自身の安全や健康が脅かされる状態となることです。

 とくに高齢者に多くみられます。 

必要な食事や、体調管理、身なりを整えることなど、
自分や周りを衛生的に保ったり、お金の管理などの生活意欲と能力が失われ、
ときには、医療も拒否するまでになってしまいます。

また、最近よくある「ごみ屋敷」で生活してしまったり、
周りから孤立し、孤独死するような事態にも陥ります。

自分の意思でそのような状態にする場合と、
高齢者で、軽度の認知症が原因という場合もあります。

内閣府の調査では、セルフネグレクト状態の高齢者は全国で1万人前後、
そのうちの約80%がひとり暮らしだそうです。

また、家族と同居していても、関係が悪化し孤立化するケースも多いそうです。

セルフネグレクトに陥る原因としては、

・病気になる
・入院などで社会や家族と離別する
・家族関係のトラブルを抱える
・身内の死に直面する

などがあげられます。

地域社会における民生委員など、周囲や身近な人による見守り体制や、
政府や医療関係者などの協力で、孤立しないような支援体制づくりが必要です。

セルフネグレクトの特徴

1.体、衣類が不衛生
2.住宅環境が不衛生
3.排泄物などの放置
4.怪我や病気治療の放置
5.金銭・財産管理ができない
7.地域・社会から孤立

セルフネグレクトの原因

人間関係などで起こってしまうセルフネグレクト・・・。

では、なぜ最近はセルフネグレクトに悩む人が増えたのでしょうか。

 まず、セルフネグレクトの原因となるひとつは、人間関係。 

家族や友人とトラブルがあり、人間不信になったり、
離婚によって落ち込んだり、絶望したりもその原因となります。

また、職を失い、信頼していた会社や上司への怒り、
執着心などが原因となることも・・・。

このような強く心が沈んだ状態が、人生をあきらめる気持ちにしてしまい、
セルフネグレクトを引き起こすことになるのです。

・病気によるセルフネグレクト

自分や家族の病気で、生活が大きく変化することが原因となることもあります。

以前にできたことができなくなったりすると、それに慣れなくて、
認知症や心の病で、うつを引き起こすことも多いようです。

うつや心の病が原因の場合は、周りの理解があまりなかったり、
自分が思うように動けない恥ずかしさがあり、それが症状を重くし、
セルフネグレクトにつながることも。

・災害によるセルフネグレクト

スポンサードリンク

震災や災害が原因でセルフネグレクトにつながることもあります。
大切なものを失った衝撃で、生活への関心を失ってしまうのです。

震災などでは、家族や仕事を失うことも。
または、マイホームや車、ペットなどを失ったことがきっかけにもなります。

 失ったもの衝撃は、その後の生活の意欲を失ってしまうのです。 

ただ、そのような状況でも、立ち向かう人はたくさんいます。

ですが、大きな落胆が、その後の生活への関心を失わせるという事も理解できますよね。

つまり、セルフネグレクトの要因はだれもが直面する可能性があります。
ですから、セルフネグレクト傾向を持つ人は、
決して自分で望んでそうなったわけじゃないことを十分理解してください。

ごみ屋敷とセルフネグレクト

近年、全国では高齢者も含め、毎年2万人以上の方が孤独死しています。
その約8割以上がセルフネグレクトが原因。

家族、友人もなく、周りとも孤立状態で、
不潔な環境の中でも、支援の手を拒否し続けた結果、
孤独死してしまう・・・というケースが多く見受けられます。

ごみ屋敷問題

最近では、一人暮らしの高齢者の場合が多いのです。

本人はごみ屋敷と思ってなく、近所では悪臭や、
道路の占拠も問題になっています。

ですが、何度言っても改善されず、
それどころか「ごみではない」と言ったりします。

この「ごみ屋敷」にも色々なパターンが。

(1)ごみを拾ってくる場合

テレビで放映される最も多いパターンです。

外からごみを集めて自宅に持ち帰り放置して、
それがどんどんと増えてしまいます。

第三者が片付けようとしても、拾った物に執着して拒んでしまいます。

(2)捨てられない場合

整理整頓が出来ない場合も、ごみ屋敷となります。

外から持ち込みはではなく、食べ終った弁当やカップラーメン、
飲みかけのドリンク類をその辺に置いて放置してしまう・・・

といった自分の生活ごみを捨てられないためになるものです。
最近では、テレビで「ごみ部屋」などをよく目にします。

(3)執着心が強い場合

どんなものでも思い出がある・・・と溜め込んで、
整理整頓が出来ない状態。

この場合もどんどんごみが溜まり、足の踏み場もありません。

特に(1)(2)の場合は近隣住民の迷惑にもなり、
なかなか解決できなず、行政が動き出してしまうケースもあります。

まとめ

いかがでしたか?

セルフネグレクトの解決方法はこれといってありません。
でも、ちょっとした事で歩み寄れることもあります。

もし、セルフネグレクトの傾向が見えたなら、

・話をよく聞いてあげる
・自治体にも支援してもらう
・生活にハリを与える
・すぐ見える所から正すことはしない

などを意識して、セルフネグレクトから救ってあげましょう。

スポンサードリンク

 - 生活情報 , ,