今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

ブッダボウルのレシピルール(基本)は?ドレッシングは手作りで!

      2017/04/25

ブッダボウルのレシピルール(基本)は簡単です。
ドレッシングも手作りすれば、アレンジは無限大!

どんぶりですが野菜が多くてヘルシーで、
ダイエットにも効果的です。

今回はそんなブッダボウルについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ブッダボウルとは

ブッダボウルとは、一つの器に、野菜・ナッツ類・たんぱく質・雑穀などを入れ、
ドレッシングをかけて食べるヘルシーな丼のこと。

彩がきれいで、盛り付けがふっくらした仏様のお腹の感じに似ているところから、
ブッタボウルと名前がついたそうです。

このブッタボウルは食材を自由自在にかえれるので、あきることなく、
また、自分だけのオリジナルもつくれるヘルシー丼です。

ブッダボウルのレシピルール(基本)は簡単!
ダイエットにも強い見方の丼ですよ。

ブッダボウルのレシピルールは?

ブッタボウルはボウルにいれる基本ルールさえわかれば、
あとは自由自在にアレンジ可能です。

その日に応じて栄養バランスを整えやすいのも特徴です。

ブッダボウルのルール

作り方はごくシンプル!
1.穀物 2.野菜 3.たんぱく 4.ナッツ類 5.ドレッシングの順に
ボウルに盛りつけていくだけです。

・穀物
穀物は食物繊維が豊富で、他の具材の邪魔をしない、玄米やキヌア、麦がオススメです。
1食の目安の量は、卵を軽く握った時のこぶし1つ分です。

・野菜
野菜はお好みの野菜で、生でも加熱したものでも良いです。
食べやすい大きさに切ってください。
見た目をキレイにするには、野菜を数種類使うことです。
キノコや海藻も使うと良いですね。

目安の量は、生野菜なら両手一杯。
加熱したものは、片手一杯分が1食分です。

・たんぱく質
脂身の少ない魚の切り身や、とりむね肉などを焼いたり茹でたりしたものです。
他に、タコやエビ、豆腐やゆで卵、茹でた豆なども使います。
1食分の目安は、手の平1杯です。(指を除く)

・ナッツ類
アーモンドやクルミなどを砕いてトッピングしてください。
ナッツ類は良質な脂肪やビタミンEが豊富でミネラルもあり、
食物繊維も多いので腸内環境も整えてくれます。

・ドレッシング
ドレッシングは市販のものより、家で簡単に作ったほうが良いです。
オリーブオイル、塩こしょう、お酢などを使って、
体に良い素材をつかって作りましょう。
ポン酢やごま油も使いやすいですよ。

ブッダボウルレシピ

野菜のブッダボウル

【材料】

アボカド:100g(約1/2個)
パプリカ(黄):40g
トマト:100g(約1/2個)
紫キャベツ:50g(約1枚)
雑穀ご飯:2人分
サニーレタス:20g(約2枚)
くるみ:15g

■ ドレッシング
だし醤油:大さじ2
酢:大さじ2
オリーブ油:大さじ1
粉チーズ:大さじ2

【作り方】

1.アボカドとパプリカは薄切り、トマトは角切り、紫キャベツは千切りに。

2.くるみは細かく砕く。

3.ドレッシングは混ぜ合せる。

4.器に雑穀ご飯を盛りサニーレタスを敷き、1と2をのせて3をかけ完成!

スポンサードリンク

色がキレイなので食べるのが楽しくなります(*^_^*)

異国風ブッダボウル

【材料】

キヌア:1/4カップ
ミニトマト(好きな色を):8個
紫玉ねぎ:1/8個分
きゅうり:1/4本
フェタチーズ:20g
パクチー:小1株
水煮ひよこ豆:20g
松の実:大さじ1

■ ドレッシング
レモン汁:大さじ1
塩・こしょう:各少量
トマトペースト:大さじ1/2
シナモンパウダー:小さじ1/3
オリーブオイル:大さじ1.5

【作り方】

1.キヌアは塩少量(分量外)を入れた湯で5分程ゆで、目の細かいザルに上げて水気をよくきる。

2.ミニトマトは半分に、紫玉ねぎ・きゅうり・フェタチーズは小さめの角切りにする。
パクチーは葉をつまみ、茎はみじん切りに。

3.ボウルに混ぜ合わせたドレッシングと1と2、ひよこ豆と松の実を加えて和えて完成!

ミニトマトをカラフルにすると、キレイなブッタボウルになります(*^_^*)

ブッダボウルのドレッシングレシピ

ブッダボウルのドレッシングは市販より作ったほうが良いと、
先ほども書きましたが、具体的なレシピがないと悩みますよね・・・。

そこで、ドレッシングレシピの紹介です。
作り方は混ぜるだけです。

だししょう油と粉チーズドレッシング

【材料】
だし醤油:大さじ2
酢:大さじ2
オリーブオイル:大さじ1
粉チーズ:大さじ2

オリーブオイルとレモンドレッシング

【材料】
オリーブオイル:大さじ1
岩塩:1~3ふり
レモン:1/2個

ごまドレッシング

【材料】
白練りごま:大さじ1
水:大さじ1/2(熱湯だとハチミツが溶けやすいです)
蜂蜜:小さじ1
薄口醤油:小さじ1/4
白ごま:小さじ1/2

ブッダボウルのドレッシングレシピでした。
他にも簡単にできるものもたくさんあります。

基本は体に良い素材のものをつかって、シンプルに作りましょう!

 

ブッダボウルレシピは無限大!

ブッダボウルレシピは基本さえつかめば、後は自由自在!
なので、レシピも無限大に生まれます。

その日の体調や、目的に応じて中身をかえていきましょう!

色んな野菜をつかってカラフルにすると、ダイエット中でも
気分があがりますし、

和風にすることも、中華風にすることも、何でもできます。

自分にあったブッタボウルを作るのは楽しいですよ!

ブッダボウルのお店は?

ブッダボウルをお店で食べたい方は、
“ニューヨークの朝食の女王” として知られるNY発祥のレストラン
「サラベス」のルミネ新宿店、大阪店で食べられます。

ブッダボウルで検索すると、六本木ヒルズのエッグセレント(eggcellent)
っていうお店も結構でてきます。

まぁ、もっと本当はあるでしょうね・・・(;´∀`)
ネットで出てこないだけで・・・。

変わった野菜でなければ、自宅で作ったほうが簡単だしお手軽です!

まとめ

ブッダボウルのレシピルール(基本)や、
ドレッシングレシピなどご紹介しました。

きょうから始められるほど簡単なものなので、
自分の体と向き合って、アレンジしてチャレンジしてください!

スポンサードリンク

 - ダイエット, ハウツー, 健康, 美容 , ,