今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

2週間ダイエット!生理周期を利用して楽チンに痩せよう!!

   

2週間ダイエットとは生理周期を利用したダイエット方法です。
女性ホルモンを味方につけて、キレイと健康をてにいれましょう!

スポンサードリンク

2週間ダイエットは基礎体温から!

2週間ダイエットは生理周期を利用して、楽チンに痩せる方法です。

生理周期のメリットを最大に生かすには、その時期を正確に知ることが必要です。
そのためには、基礎体温を計るのが一番!

自分の身体のリズムを知るために、生理に問題ない人も
毎日計ることをおススメします。

基礎体温とは、目が覚めたときの安静な状態の体温のことです。
高温期と低温期の体温の差はわずか0.3~0.5度です。

この微妙な変化を知るためには、婦人体温計(より精密に検温できる)を使います。
毎朝決まった時間に、同じ状態で測って記録することが大切です。

基礎体温の記録は、生理が始まった日を第1日目とします。
目が覚めたら、横になったまま体温計を舌の下側に入れて測ります。

毎日きちんと測り続けるのが理想的ですが、測り忘れもあきらめずに続けましょう。
途切れた所ががあっても、おおよその変化を確認することはできます。

1ヶ月、3ヶ月と続けることで、自分の身体のリズムが見えてきます。

風邪をひいたり、胃腸の具合が悪い時、寝不足のときなどは、
体温に影響が出ることがあります。

体調のデータをメモしておくといいでしょう。

基礎体温を正しく測るために

1.基礎体温計は常に枕元に置いておく

基礎体温は、目覚め直後の安静な状態の体温を記録しなくては意味がありません。
体温計を探して動き回ったり、寝ぼけて測り忘れたりしないよう、
目が覚めたときすぐに手が届く場所において置くといいでしょう。

2.目が覚めたら起き上がらず横になったまま測る

起き上がって伸びをするなど、少し身体を動かすだけで基礎体温は変動してしまうため、
目が覚めたらそのまま、布団の中で測定するようにします。

体温計の側温部を舌の下奥に差し入れ、体温計を舌で押えるようにして、
軽く口を閉じた状態で測ります。
途中で口を開けないように注意してください。

NG例体温を測る前にしてはいけないこと

・大きく身体を動かす
・食事をとる
・水分をとる
・トイレに行く

 

2週間ダイエット実践!

運動と食事

生理のあとの2週間は、脂肪が消費されやすく、気分的にもすっきりして、
快適に過ごせる時期です。

身体が自然に体内の余分なものを排泄しようとする時期なので、
ダイエットを始めるのに最適のタイミングです!

運動と食事は、健康的に痩せるために、どちらも欠かせない2本の柱です。
両方を組み合わせた方が、ずっと効率よくやせられます。

この時期は、生理が終って気分的にもすっきりするので、
運動も食事の調整もやりやすく、どちらの効果もあらわれやすい時期です。

 このタイミングをのがさずに頑張りましょう!! 

補助としてサプリメント

この時期に一番効果的な運動は、体脂肪を燃やす作用のある、
ウォーキングのような有酸素運動です。

これに、エネルギーの消費をすすめ、基礎代謝量をアップさせる筋肉運動として、
ダンベル体操を組み合わせます。

食事では、3食決まった時間に食べる、甘いものを断つ、
夕食には揚げ物や炒め物をとらないようにするなどのコントロールがおススメです。

カロリー計算を食事ごときっちり決めて実行するのは、
あまり現実的ではありません。

なるべく自分で調理するように心がけて、食材や栄養素のかたよりがない
メニューにすることが大切です。

この時期、食事と運動を柱としたダイエットの補助として、
サプリメントと取り入れるのもいいでしょう。

最近では、体脂肪の燃焼のサポートをうたった商品もあるので、
成分などをよく確かめて、安全なものを選びましょう。

生理後2週間おススメダイエット法

1.ウォーキングで体脂肪燃焼

新陳代謝のよくなるこの時期、一気に体脂肪を燃やしたいなら、
とにかく歩くのが一番です。

2.ダンベル体操で基礎代謝アップ

運動があまり苦にならないこの時期は、ダンベル体操で筋肉をつけ、
基礎代謝を上げて痩せやすい体をつくっておく事をおススメします。
ここで頑張っておけば、生理前に少し食べ過ぎても、太りにくくなります。

3.無理のない食事調整

スポンサードリンク

ダイエット中だからといって、特別な食事をする必要はありません。
ただ、基本の栄養バランスを守りながら、3食決まった時間に食べ、
炭水化物、糖類、脂肪類を調整するようにします。
間食も抜くと効果的です。

4.反復浴でカロリー消費

生理周期ダイエットのあくまでプラスαとして、
毎日のバスタイムをカロリー消費の場として利用することをおススメします。
より効率よくカロリーを消費するには反復浴が効果的。
リラックスもかねてゆっくり楽しみましょう。

2週間ダイエットで生理中は?

生理前は成果が上がりにくい

生理前の1週間と生理中は、ダイエットの効果があらわれにくくなるときです。
生理前には、女性ホルモンのプロゲステロンの作用で体内に余分な水分が蓄えられるため、
むくんだり、生理現象として、体重が1キロほど増えたりします。

また、イライラしたり、落ち込んだりと気持ちが不安定になったり、
集中力が低下するなど、精神的な不調も見られます。

こんな時は、あせってハードな運動や食事制限をしてもムダです。
ジタバタするよりも、ゆっくり過ごすのが、賢い暮らし方。

もちろん、不快症状のない日はウォーキングなどを頑張るのもいいでしょう。

イライラに注意

積極的なダイエットはお休みして、やせることより「太らない」ことを
テーマにするのがこの時期のポイントになります。

この時期の一番の危険は、イライラしてつい食べすぎたり、
それで落ち込んでダイエットを諦めてしまうというパターンにハマることです。

これを避けるにはリラクセーションが効果的です。

まずは、ゆっくりとお風呂に入ったり、アロマテラピー、
好きな音楽などで気持ちと体をほぐしてあげましょう。

運動は、無理の無い程度で続けたほうがいいのですが、
むくみのせいで体が重かったり、負担に感じるようなら、
休んでもいいでしょう。

ストレッチは、むくみを軽くする効果があるのでおススメです。

甘いものが食べたくなるのも、この時期の特徴です。
ガマンしてイライラするよりは、上手な食べ方を工夫しましょう。

フルーツを食べたり、お菓子なら脂肪分の少ない和菓子にします。
ただし、空腹時には食べてはいけません!
自制心をもって楽しみましょう。

生理前・生理中のおススメダイエット法

1.ストレッチで体をほぐす

血行の悪くなりがちなこの時期は、ストレッチで筋肉をのばすといいでしょう。
硬くなっていた筋肉をほぐして血行をよくすれば、疲れやむくみの解消になるほか、
柔軟性が増して、やせやすい体になります。

2.「食べ過ぎない」努力する

この時期に、無理に食事量を減らそうとするのは逆効果。
あくまで「食べ過ぎない」心がけをすることが大切です。
1回1回の食事をきちんととり、甘いものは食後に少しと決めて、
 ダラダラ食べないようにしましょう。 

3.ストレス解消する

がんばっても体脂肪の落ちにくいこの時期。
イライラからくる過食を防ぐためにストレスを解消することも大切です。
アロマテラピーや半身浴、音楽、マッサージなど、
自分なりのリラックス法を見つけておきましょう。

2週間ダイエット集中期!

生理が終わったら再びダイエットを始めましょう!!

生理周期を利用したダイエットは、効果の出にくい生理前と生理中を避け、
効率の良い生理後をダイエット集中期として頑張ってみようというのが特徴です。

がんばる期間は約2週間です!

このダイエットのカギになるのが、女性ホルモンです。
女性ホルモンを味方につけることで、キレイと健康を手に入れられます。

女性ホルモンによってもたらされる低温期と高温期のサイクルが、
このダイエットの基本になります。

自分の体のサイクルを正しく知るために、
基礎体温を測ることが、最初のステップ。

ダイエットの実践では、運動と食事調整の両方が必要です。
運動はウォーキングのような有酸素運動と、ダンベル体操のような
筋肉運動の、得られる効果の異なる2種類を組み合わせます。

食事はバランスよく食べることがポイントです。
むやみに量や回数を減らすのは逆効果です。

まずは2週間!生理が終ったタイミングで始めましょう!
この2週間で成果があらわれたら、生理前と生理中はそれをキープすること。
さらに減量したいときは、次の生理後2週間にまた頑張りましょう!!

まとめ

いかがでしたか?

2週間ダイエットとは生理周期を利用したダイエット方法で、
女性ホルモンが痩せるカギです。

これは女性なら利用しない手はないですよね!
まずは2週間頑張ってみませんか?

スポンサードリンク

 - ダイエット ,