今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

あさイチ更年期障害の悩みを解決!病院の治療法とは?

   

あさイチで更年期障害の悩みを解決!

大豆イソフラボンの新事実や、ニオイを防ぐトイレでの拭き方?!
病院での治療・・・。

どれもとっても気になります・・・。
まとめてご紹介しますね。

スポンサードリンク

大豆イソフラボンの新事実?

婦人科専門医の吉形玲美先生によると、
大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」は
女性ホルモンに似た効果を発揮するとされています。

 でも、日本人女性の約3人に1人しか、 そのような効果は発揮していないことがわかりました。 

大豆イソフラボンが大腸で「エクオール」という成分に
変化し、女性ホルモンと同じような働きをするのですが、
多様な腸内細菌が元気に動いている人でないと、
エクオールは作られないそうです・・・。

自分の体が、エクオールを作られているかどうかは、
民間の検査会社の尿検査で、簡単に調べることが可能です。

更年期は下着が臭う?

あさイチでは、更年期の相談を紹介していて、
その中に「下着が臭くなる」という内容が多くあったそうです。

更年期の時期の下着が臭うというのは、
「尿漏れ?」「チョピ漏れ?」って思いますよね・・・。

この、更年期に入ったとたん下着のニオイが気になる、
解決方法は、「トイレの時の拭き方」がポイントだそうです。

番組でその内容を教えてくれたのが、中田真木先生。

更年期の時期に下着が臭ってしまうのは、
実は、オシッコの後の拭き方に原因があったのでした。

拭き方っていっても、長年ずーっと同じ拭き方なのに、
どうして?って、思いますよね・・・。

 更年期に入ると、尿の拭き残しが出てくるからなんです。 

トイレでの拭き方といえば・・・、
小さい頃、前から後ろに拭くって、
お母さんに教えてもらいましたよね・・・。

でも、更年期の正しい吹き方は
「あてて5秒じっとする」です。

正しい拭き方とは?

トイレ時の正しい拭きかたとは、
トイレットペーパーを重ね、しっかりと、
尿道と膣のところに当てます。

そして、優しく当ててから5~10秒そのまま、
じっとします。

 逆に間違った吹き方は、こすること。 

こすって拭くと、トイレットペーパーはボロボロになって、
尿道や膣の粘膜に入ってしまい、尿トラブルの原因に。

また、更年期になると尿道や膣の粘膜が薄くなります。

そこにトイレットペーパーがついたままだったり、
拭き残しのせいで、気になる臭いになるそうです。

ひどい場合は炎症も・・・。

中田真木先生は、拭き残し防止に、
温水洗浄トイレ用の厚めのトイレットペーパーを、
おすすめしていました。

外出時は、温水洗浄トイレ用トイレットペーパーを携帯するか、
使わなくなった下着を切って、使用するといいそうです。

※ちなみに切った下着は、使用後流さないように注意です。

トイレの正しい座り方

トイレの座り方も、なにやら違うようです・・・。

トイレをするときって、脚を閉じていませんか?
私は、閉じて座ってました・・・これ間違い・・・。

脚を閉じてようをたすと、尿が逆噴射してしまって、
膣内に入る可能性もあるそうです。

そうすると、正しい拭き方であっても、尿が残り、
臭いの原因になってしまいます。

  • 正しい座り方
  • 正しい拭き方

を、とりいれて、嫌な臭いの悩みを解消しましょう!

正しい座り方

①股を開く
②前傾姿勢

この2点でOK。
方法はとても簡単です。

なんとなく、男らしい格好ですが、
トイレなので誰も見てません・・・。

スポンサードリンク

また温水洗浄機能付きのトイレで、
排尿後に洗浄するのも、あまりよくないそうです・・・。

排尿後に残ってる尿が、逆噴射と同じで、
膣内に入る可能性があるからです。

また、生理中などは、排尿後にトイレットペーパーを優しく当てて、
尿を全て吸収させた後に、使うといいみたいです。

更年期症状 自己チェック

引用⇒NHKあさイチホームページより

当てはまる箇所の数字を足し算します。
結果は次の通りです。

0~25点

上手に更年期を過ごしています。
これまでの生活態度を続けていいでしょう。

26~50点

食事や運動などに注意を払い、生活様式などにも
無理をしないようにしましょう。

51~65点

医師の診察を受け、生活指導、カウンセリング、
薬物療法を受けた方がいいいでしょう。

66~80点

長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。

81~100点

各科の精密検査を受け、更年期障害のみである場合は、
専門医での長期的な対応が必要でしょう。

※これはあくまでも目安です、もし気になる症状があれば、
婦人科にいって相談することをおススメします。

更年期障害・・・病院での治療とは?

更年期障害の治療法には、ホルモン補充療法(HRT)と、
漢方薬を使うものがあります。

また、ホルモン補充療法と漢方薬を併用することも可能。
その人の症状や体質、ライフスタイルに合わせて、
お医者さまと相談して決めてください。

ホルモン補充療法(HRT)

のみ薬・はり薬・ぬり薬があり、生活スタイルに、
合わせて選択することができます。

ホルモン補充療法は以前、乳がんのリスクが上がる・・・?
と言われていましたが、その後いろんな研究が行わています。

そして、最新の産科婦人科学会のガイドラインでは、
乳がんリスクに及ぼす女性ホルモン剤の影響は小さく、
世界的な見解としても、問題ないとされています。

ただし、乳がん治療中の人や血栓の既往歴がある人は、
ホルモン補充療法を行うことができません。

漢方薬

漢方薬は、

  • ホルモン補充療法ができない人
  • 冷えの強い人
  • イライラ・やる気が出ない
  • 精神的な症状のある人

などなどに効果的です。

一般的に、1か月ほどで効果がみられますが、
1か月たっても、症状が改善されない場合は
その薬が合っていない可能性がありますので、
お医者さまに相談してください。

最新の膣(ちつ)レーザー治療!

更年期になると、

「下着がすれて痛い」
「性交痛がする」

などの悩みが起こりますが、こういった悩みは、
人に言うことができないでいて、
ただ我慢している女性も多いそうです。

これは、女性ホルモンの分泌が減少し、
粘膜が薄くなることが原因・・・。

これを治す最新の治療法が「膣・外陰レーザー療法」です。
膣(ちつ)に金属製の機器を入れ、炭酸ガスを噴射します。

すると、コラーゲンが生成されて血流がよくなり、
薄くなった粘膜が、ふっくらと厚みのある状態に戻ります。

保険適用はなく、現在のところ、
1回3万円~8万円で行っている病院が多いそうです。

まとめ

いかがでしたか?

更年期って、人によって症状も、
時期も少し違うので、
まず、自分が更年期だって自覚することから、
始めないといけないですよね・・・。

自己チェックを利用して、
一度判断してみてもいいですよね。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

 - 健康 ,