今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

七五三の親の服装選びのポイント、父母の服装は?祖父母は?

   

我が子の七五三祝い、お子さんに着せる服装のことばかり考え、親の準備が全くできていないのは大変!
七五三は、記念の1日になります、写真撮影のことも考慮してバランス色合いなど
失敗しない為の、父親と母親の服装選びのポイントをご紹介します

スポンサードリンク

七五三できる母親の服装

基本七五三の主役は、子供です、主役が引き立つ控えめな装いが基本となります

和装の場合は、 色無地・訪問着・付け下げ などが良いとされます
付け下げ以下の着物は、普段着になってしまうので
着物の「格」がわからなくて、親から譲り受けた着物を着ても良いのか悩んでる方は
実家のほうに聞いてみるか、プロに相談するといいですね

洋装ならば淡い パステルカラーのワンピースかスーツ を着用します。
出来れば、入園式や卒園式、入学式にもつかえるものを選んで用意しておくと後々重宝します
アクセサリーは控えめにして、清潔感のある印象にしましょう

七五三できる父親の服装

父親の服装の基本はスーツになります
普段仕事で着ているスーツや冠婚葬祭で使ったりする、 ダーク系のスーツ で大丈夫です
そして、合わせるネクタイの色は、白・黒・グレーはいけません
少し華やかな柄ものを選んでください
また、斜めストライプのネクタイは、フォーマルな席には向きません
色が少し地味でも、光沢のある生地を選ぶと華やかに見えますね

スポンサードリンク

和装の場合は 黒、グレー系の紋付き を着ます。もちろん紋付でなくても、着物と羽織でも大丈夫です
男の子のお子さんの場合、着物の色がかぶらないようにしましょう

七五三できる祖父母の服装

祖父母の服装は、男性はスーツ、女性はセミフォーマルや着物などがいいですね
祖父母が和装で、父親・母親が洋装でも問題はありません

年配のかたで、疲れるのであれば、体調を崩さない着やすい服で大丈夫です
周りの目も親とは違い、そんなに厳しくありません
089508

まとめ

服装選びでのポイントはバランス
父親・母親の服のバランスと子供を引き立てるための色合いを考えると
写真をとった時に、”記念になる良い写真”が出来るでしょう

子供が主役ということを忘れなければ、楽しい七五三を過ごせると思いますよ
106477

スポンサードリンク

 - 七五三 , ,