今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

確定申告とは?手順は?時期は?

   

確定申告という言葉はよく聞きますが、どういうことをするんでしょうか?
うまく説明できない人の方が多いかも・・・。

まずは、分かるようでわからない確定申告とは何か、手順などをまとめてみました。

スポンサードリンク

確定申告とは

私達には、納税の義務があり、その税金にはいろいろな種類があります。
消費税、固定資産税など・・・そして、所得税・・・

社会人になって働くともらう給与、これを所得といい
この所得には税金がかかります
この税金の事を、所得税といいます

会社員は会社が税金の計算をして、国に納めてくれますが
自営業や副業などで収入を得た人は、自分で税金を納めないといけません

 1年の1月1日から12月31日までの所得に対する所得税を税務署に申告すること これが、確定申告です。 

確定申告の手順

1.用紙を入手

確定申告書用紙は税務署にて無料で配布しています。
また、必要な申告書用紙や添付書類等は、国税庁のホームページからも入手できます。

2.必要な書類を揃える

源泉徴収票や社会保険料の控除証明書(勤務先に提出済みなら不要)
医療費控除を受ける場合は、領収書などを揃えます。

所得の内容や、受ける控除の種類によって
明細書・計算書などの添付書類の作成が必要な場合があります。

3.申告書に記入する

所得と税額を計算して、控除額や内訳を記入します。

4.税務署に提出する

提出先は、管轄の税務署です。
事業所得のある人で、その事業所を管轄する税務署に届出書を提出すると
事業所の場所を納税地とすることも可能です。

会社員でも確定申告するケース

所得税を源泉徴収されている会社員は、年末調整で会社が手続きを全てしてくれますが
会社員でも自分で確定申告しなくてはいけないケースがあります。

スポンサードリンク

・所得が2000万円を超える
・副業で収入がある(20万以上)
・住宅ローンで家を買った
・本人と家族あわせ、医療費が年間で10万円を超えた
・年末調整後に結婚や出産で、扶養家族が増えた

所得が2000万円を超えると、年末調整を会社にしてもらえなくなりますので、
自分で確定申告しなくてはなりません。本業以外に収入がある場合も、
所得を合算して所得税を計算しなくてはなりません。

身近なのは、家を買った場合や、医療費、家族が増えた時。
住宅ローン・医療費は控除の対象です

年末調整後、税務署に源泉徴収表を持って行き、申告すれば、
控除を適用し、再計算すると、さらに還付金が出る可能性があります。
また、家族が増えた場合、年末調整をしたタイミングにより
控除が適用されていない場合がありますので注意が必要です。

確定申告の時期

確定申告は、2月16日から3月15日の1ヶ月間です。
場所は、管轄の税務署です。

確定申告期間は大変混み合うので、相談は期間前にうけ
申告書類は自宅で作成してから行くほうが良いですね。

282250

また、申告書類を郵送で提出したり、e-TAXといってオンラインサービスでも
申請可能ですが、初心者にはオススメできません。

まとめ

確定申告の基本的なポイントをご紹介しましたが、
確定申告で、最初から完全に理解出来ている人などいません、
少しでも不明な点があったら税務署へ相談することをオススメします。

確定申告のシーズンは大変混み合いますので、
余裕を持って確定申告の準備をし、はやめに税務署へ相談してください。

スポンサードリンク

 - ハウツー , ,