今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

春キャベツの効果は?美味しい見分け方は?調理の注意点は?

   

3月から5月くらいに市場に出てくる春キャベツ
いつものキャベツと違って、生でもやわらかくて美味しいですよね

ちょっと調べてみたら、キャベツってとっても栄養価が高い!

そこで、今回は春キャベツについて、まとめてみました。

スポンサードリンク

春キャベツの効果

キャベツは、アブラナ科の西洋野菜で、「かんらん」とも呼ばれています。
冬にも収穫はできますが、春キャベツのほうが栄養価があるようですよ。

葉が柔らかい春キャベツは、みずみずしいので
生で食べるのに最適です。

aa1995cd5775bd4a59d55733726654e2_s

キャベツは胃腸を丈夫にしてくれる成分が、多く含まれているので
胃腸が弱い方にもオススメですよ。

栄養素

ビタミンU・・・胃や十二指腸の傷ついた粘膜を修復して、治す効果があります
別名キャベジンといわれる栄養素です。

ビタミンK・・・カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助けます。

ビタミンC・・・大きめの葉二枚を生で食べると、一日分のビタミンCがとれてしまいます。

ボロン・・・女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活発にし、美肌作りや更年期に効果的。

食物繊維・・・腸内環境を正常化し、便秘解消。

キャベツは、食べるとお腹の中で膨らみ、満腹感があるので、
ダイエット中のには、おススメの食べ物です。

スポンサードリンク
 よく噛むことで、満腹中枢がさらに刺激され、食べ過ぎを防ぐことができますよ。 

キャベツは万能野菜

キャベツは、1年中スーパーに売っていますが、
葉がしっかりと巻かれて、ずっしりと重いのが、冬キャベツ。
煮物に適しています。

春キャベツは、葉のまきがゆるくて、やわらかくてサラダにすると美味しいです。

キャベツは、1年中あり、その季節のキャベツに合わせて、
おいしく食べることができる万能野菜です。

美味しい見分け方

春キャベツは、葉の巻きがゆるく、弾力があるもので、
葉にツヤがあって、綺麗なあるものを選びましょう。
カットした野菜を選ぶ時は、芯がみずみずしくて、
白く、変色やひび割れのないものを選びましょう。

保存方法

カットしていなければ、ビニール袋に入れて冷蔵庫。
カットしたものは、切り口をしっかりラップして冷蔵庫で保存してください。

調理する時の注意

調理する時の、注意点は・・・

・ビタミンC・Uは水溶性のビタミンなので、洗う時はビタミン類が流失するので手早く、
また切ってから水にさらすときも、ビタミン類が流失するので注意する。

・ビタミンUは熱に弱いので、潰瘍効果を期待するなら、生食が良いです。

・茹でる時にお酢を入れると、変色がおさえられ、白く茹で上がります。

・芯の周辺に、ビタミンCが多く含まれているので、芯も無駄なく食べましょう。

まとめ

キャベツはまさに万能野菜!
美味しくて、栄養価が高くて、ダイエット中にも良いと
良いとだらけです。

さらに春キャベツは柔らかくて食べやすいので
ぜひ食卓に一品キャベツ料理を加え、並べてみましょう。

スポンサードリンク

 - 生活情報 , , ,