今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

アスパラガスとは?薬効は?選び方は?

   

鮮やかな緑色が美しくて、春になると出回る野菜アスパラガス。
ソテーにしても、サラダにしても、何でも美味しく食べられます。

そんなアスパラガスは、薬効が高いことで重宝されています。

美肌効果も高いアスパラガス
そんなアスパラガスを調べてみました。

スポンサードリンク

 

アスパラガスとは

アスパラガスとは、ユリ科アスパラガス属の多年草です。

原産は地中海東部で、伸びてくる新芽の茎を食用とします。

種を植えてから、2年~3年たたないと収穫できないのですが、
その後は、10年間くらい同じ株から、次々と芽が出てくるそうです。

日本名は「オランダキジカクシ」と言って、
成長すると、”きじ”が隠れるくらいになるからだそうです。

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの違いは
品種の違じゃなくなく、栽培方法が違うだけです。

よく見かけるグリーンアスパラガスは芽が出るのをそのままにして、
日光に当てるので、鮮やかな緑色になりますが、

193781
ホワイトアスパラガスは、芽が出る前の春先に
土を盛って、芽を日に当てずに伸ばしたものです。

193782

味は、グリーンアスパラの方は、少し青臭みがありますが、栄養価は高くて、
カロテンなども多く含まれています。
ホワイトアスパラガスの方は、柔らかい食感で、甘みがあって、青臭さがありません。
でも栄養面では、グリーンアスパラより劣ります。

アスパラガスは、細い体で、地面をおしのけ、次々と生えてきます。
根っこに細い貯蔵根がたくさんあって、そこにたくわえた栄養で、一つの株から何本も出てきます

その芽の何本かを残して、葉を茂らせ、根に栄養分を送り翌年の収穫に備えます。
アスパラガスとは「たくさん分かれる」「激しく裂ける」と言うギリシャ語が語源で、
新芽という意味だといわれています。

スポンサードリンク

アスパラガスの

アスパラガスの薬効:疲労回復・貧血対策・高血圧予防・動脈硬化予防

 アスパラガスは栄養分が高く、アスパラギン酸、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、 ビタミンC、ビタミンE、葉酸、コリン、サポニン等を含んでいます。 

葉酸は、貧血の予防に効果があり、アミノ酸の仲間アスパラギン酸は、
新陳代謝を促して、疲労回復効果があります。

また穂先に含まれるルチンは
毛細血管をじょうぶにする糖質で、高血圧などに効果的です。

その他の薬効としては 利尿作用があります。

全体に食物繊維が豊富なので便秘を予防し優れた美肌効果があります

良いアスパラガスの選び方

良いアスパラガスの選び方は、穂先がしまり、
茎はしっかりしてまっすぐで、緑の濃いものが新鮮で美味しいです。

アスパラガスは、太めが美味しいですが、中には細い品種のものもあります。

選ぶ時には、切り口がみずみずしくて、乾燥していないものにします。

また、購入したら保存せずに、なるべく早く食べましょう。

アスパラガスは1年中スーパーで売ってますが、
旬は3~8月で、特に5月が美味しいといわれる野菜です。

保存方法は…

濡らしたキッチンペーパーにで包んで、さらにラップで包むか、
ポリ袋に入れて、穂先を上に立てて野菜室で保存します。

切り口が、乾いている場合は、
少し切ってあげると鮮度が保てます。

寝かせて保存すると、アスパラが上に伸びようとエネルギーを
使ってしまいます、必ず立てて保存してください。

保存期間は…

アスパラガスの賞味期限は、2~4日程
生の状態だと、鮮度が落ちていくので、
できるだけ早めに食べましょうね。

まとめ

健康にも、美肌にも効果が高いアスパラガス。
美味しくて、身体に良いのですから
毎日のように、料理に取り入れたいですね

スポンサードリンク

 - 生活情報 , ,