今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

大掃除の手順は?計画的にしてますか?知っておきたい洗剤の種類

   

年末になると忙しくなってきますね
なかでも大変なのが「大掃除」
1年間汚した部屋やリビング、台所、トイレ、お風呂場、ベランダ、庭…などなど
すみからすみまで掃除することで、気持の良い新年を迎える事が出来ます
効率よく大掃除をして、気持の良い新年を迎えるための手順です

スポンサードリンク

大掃除の手順

大掃除の手順は、まず「奥から手前へ」「上から下へ」が基本です
奥からというのは、玄関から一番遠い部屋からという意味
一番奥の部屋から、段々と玄関へとホコリを掃き出すのです
手前から掃除をしてしまうと、奥からのホコリで、また汚れてしまいます
効率よく掃除をするなら、「奥から手前」です

普段の掃除もそうですが、ホコリは上から下に落ちてくるので
床から掃除しても、またホコリをかぶってしまいます
ですから「上から下へ」
天井からはじめて、電球、家具、ドア・窓、床といった感じで掃除しましょう

家全体でも「上から下へ」つまり2階建てなら、2階から始めましょう

大掃除は計画的に!

大掃除は12月13日からとされてますが、その日から必ずはじめないといけない決まりは有りません
特に汚れがひどく蓄積している所は、寒くなる前から、取り掛かります

窓やベランダ、庭は寒くなると大変です、昼間の気温が温かい時期からはじめておいて
年末には、簡単にできるようにしておきましょう

台所の油汚れも、寒くて冷たい時期よりも、ちょっと早めに掃除をはじめて
汚れを落としておくと、年末はすぐに汚れが落とせます

ホームパーティーなど、人を招く機会があれば、玄関・リビング・洗面・トイレなど
お客様が入る場所を先に大掃除しておくと良いですね
年末には軽く掃除するぐらいで済みますよ

スポンサードリンク

知っておきたい洗剤の種類

大掃除で必ず使う洗剤、その種類と役割はさまざまです
どの洗剤がどの掃除に適しているかを知っておくと、効率よく掃除ができます

【アルカリ洗剤】
アルカリ性は、油汚れやカビとり、配管の汚れなどのしつこい汚れに使います
 効果は非常に高い洗剤ですが、皮膚や目に刺激が強いので使う際には、 眼鏡かゴーグルとゴム手袋着用して、換気をして使ってください 

【弱アルカリ性洗剤】
台所洗剤でよく使われる弱アルカリ性洗剤
軽い油汚れや、皮脂を落とします
キッチンクレンザーによく使われています
弱アルカリ性といっても、刺激はありますのでゴム手袋をしてください

【中性洗剤】
洗浄力は劣りますが安全性が高くて、さまざまな用途につかわれます
フローリングやお風呂場、食器洗いなどにも使われています

【酸性洗剤】
トイレ掃除でよく活躍するのが酸性洗剤です
尿石や水垢、鉄さびの除去に使われます
アルカリ性洗剤同様、使用には注意が必要です
ゴム手袋をして、換気も忘れずしてください
特に、 塩素系漂白剤とは「混ぜるな危険」 です、気を付けてくださいね!

092045

まとめ

大掃除をはじめる前に物を減らすことも大事です
時間があるときに、いらないものは捨てておいて
スッキリした状態で、大掃除を始めると
掃除の効率も上がり、時間短縮できて、家も綺麗にスッキリしますよ

スポンサードリンク

 - 大掃除 , ,