今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

お中元の由来・意味とは?知っておきたいお中元のマナーとは?

   

お中元は、日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めたり
これからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて贈るもの。

また、お中元は夏のご挨拶としても使われ、お世話になった人だけでなく
大切な人に、気持ちを込めて贈るものへと少しずつ変わってきています。

今回は、お中元の由来・意味や、マナーなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

お中元の由来・意味

中元(ちゅうげん)は、道教に由来する年中行事で、三元の1つです。

三元とは

旧暦の1月15日を上元
旧暦の7月15日を中元
旧暦の10月15日を下元

のことを言います。

つまり「中元」とは、もともとは旧暦の7月15日のことで、
道教ではこの日に人間贖罪の日として、一日中火を焚いて
神を祭る盛大なお祭りが行われました。

それが、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と混同されます。

日本では「盂蘭盆会=お盆の行事」となっており、
さらに、この時期に目上の人やお世話になった人等に贈り物をしたことが、
お中元の始まりと言われているようです。

お中元のマナー

お中元は、本来持参して渡すのが礼儀ですが、
現実には、デパートやお店から送ってもらうのがほとんどです。

正式には、持参しない場合「送り状」を郵送し、
送り状は、品物よりも早く届くようにします。

「送り状」には、日頃お世話になっていることへのお礼や、
お中元を送ったということを、明記するようにします。

お中元は誰に贈る?

お中元は、感謝の気持ちを伝えるもの、
「贈らなくてはいけない」という決まりはありません。

贈り先の例として・・・

・日頃お世話になっている方
・結婚している場合はお互いの両親
・上司
・仲人
・子どものお稽古ごとの先生
・お礼の気持ちをあらわしたい友人、知人
・兄弟姉妹、親戚

日頃お世話になっている人や、普段会えない人に感謝の気持ちをこめて贈ります。

結婚の日取りが決まったカップルの場合には、お互いの実家から相手の実家に送ることもあります。

 学校の先生に贈るのはNGです。 

ピアノやバレエなど、お子さんのお稽古の先生に、贈ることはあるようですね。

上司に贈るケースは、年々減ってきているようです。
会社として禁止しているところもあります。
新入社員の方は、親しい先輩か、総務部などの担当者に確認をしてみて下さい。

お中元の熨斗の書き方

お中元ののしの書き方は、

上段は
「御中元」
「お中元」

※7月15日以降は、「暑中御伺」「暑中お見舞い」を、
立秋以降は「残暑御伺」「残暑お見舞い」とします。

下段は
「鈴木」
「鈴木一郎」など

個人名の場合は
下段中央にフルネームで書きます。
※姓だけでも構いません。

スポンサードリンク

手渡しする場合は外のし、宅配便で送る場合は内のし、という場合が多いようです。

お礼の品です、という体裁にしたい時には、のしの表書きも上段を「御礼」「お礼」などとします。

ここ十年来は、紙資源節約の立場から「簡易のし」と呼ばれる短冊のしも多くなりました。

水引きは、紅白の蝶結びのものを使います。

0cfef7732ba3005afd54b83b7aaf1163_s
基本的に、熨斗はつけますが、魚や肉等の生臭ものにはつけません。

外のしとは、包装紙で品物を包んだ上から、のしをつけること、
内のしとは、品物の箱に直接のしをつけ、その上から、包装紙で包むことを言います。

また、目上の方に対して「見舞う」というのは、
見舞う方が優位に立つことになり、失礼にあたります。

基本的には「暑中御伺」「残暑御伺」を用いる方が、失礼がないでしょう。

お中元の贈り方

お中元の贈り方のポイント

風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーですが、遠方であったり忙しかったりとの理由から、
最近は宅配便で送るケースも増えてきました。

持参する場合…

早朝や食事どきは避け、午前10~11時、午後14~16時くらいに訪問します。

 事前に相手の都合をうかがわずに、急な訪問をする場合には、 玄関先で御中元をお渡しし、すぐに失礼するのがマナーです。 

急な訪問の場合でも、電話を入れてから伺う方がベターです。
先方がお仕事をお持ちの場合は休日に伺うようにします。

お渡しの仕方は、まずはご挨拶をして、品物の風呂敷包みを解きます
お渡しするときに、先方がのしを正面から読めるように
品物の向きをあらためて手渡しをします。

209bcddf888a37e9d43168f387c240a9_s

デパートや、お店の紙袋で持参する場合にも、お渡しする時には必ず紙袋から出し、
先方が表書きを読めるように品物の向きを正して、両手でお渡しします。

宅配便で送る場合…

やむを得ず宅配便で送る場合にも、送り状を郵送するのが正式なマナーです。
品物に同封するか、または品物が届くよりも早く「送り状」が届くようにしましょう。

「送り状」には日頃お世話になっていることへのお礼や、
お中元を送ったということをはっきり書くようにします。

まとめ

お中元は、目上の人の贈ることが多いと思いますので
マナーはしっかりおさえておきたいですね。

スポンサードリンク

 - お歳暮・お中元, マナー , ,