今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

ゴジベリー(クコの実)の効果効能!栄養や食べ方は?

   

ゴジベリーってご存知ですか?

ゴジベリーはクコの実のことで、スーパーモデルのミランダ・カーや

マドンナが愛用していて話題になっているスーパーフードです。

今回はそんなゴジベリー(クコの実)の

効果効能や栄養素、食べ方などをご紹介します。

スポンサードリンク

ゴジベリーとは?主な栄養素は?

ゴジベリーとは、杏仁豆腐に入ってる、あの赤い実のこと。

20130830-1

「クコの実」と言うと知ってる方も多いと思います。

クコの実は中国では3000年以上も昔から

漢方薬として使われていた栄養素が詰まった実です。

あの世界三大美女の1人“楊貴妃”も美容のため毎日食べていたという逸話も!

日本には平安時代に渡ってきたそうです。

酸味と苦味があるのが特徴です。

クコの実の主な栄養素は

・ゼアキサンチン

・ベタイン

・ビタミンB1、B2、C

・リノレン酸

・鉄分

・カルシウム

・食物繊維

・ポリフェノール

不老長寿の実と呼ばれるほど栄養価が高く、

100種類以上のビタミン、ミネラルやβ-カロテンで皮膚と粘膜の健康効果があり、

滋養強壮、血行促進、血圧や血糖値の安定、抗炎症などの効果

肝臓病の予防や免疫力を高め、腰痛や膝痛などの老化防止効果などがあります。

他には視力回復や口内炎の痛み、ダイエットにも効果があるようです。

ダイエットやむくみ対策に!

ゴジベリーにはダイエット効果や

むくみ対策に効果がある成分がたくさん含まれています。

・ベタイン・・・肝臓の働きをよくし肝脂肪を防ぐ

スポンサードリンク

・リノール酸・・・コレステロールを体外に排出する

・ビタミンB2・・・脂肪の燃焼を助ける

・ルチン・・・血行を改善して冷え性やむくみ改善に効果

0cc5b982456d8bb2cdc5094a68b0dfa3_s

ゴジベリーのアンチエイジング効果

ゴジベリーですが、ポリフェノールやビタミンCなどの

抗酸化物質を多く含むので美容にいいと言われています。

ビタミンCはオレンジの約500倍あり、

メラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑える作用があり

シミができにくい肌になります。

ゴジベリーには、

・アンチエイジング効果

・肌のたるみ

・肌のシミ

・美白効果

などに効果が期待できます。

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

ゴジベリーの食べ方

ゴジベリーの食べ方は1日に7g

およそ28粒程度を目安に摂取すると効果が持続します。

過剰に摂取してしまうと、ゴジベリーはナス科の植物なので、

体を冷やしたり下痢をしたりと、副作用もあるようです。

あと、炭水化物やたんぱく質が多く意外と高カロリーなので

やはり、食べ過ぎには注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

ゴジベリーはクコの実で、1日の摂取量はたったの約28粒!

これで、健康・美容効果が得られるなんて、お手軽ですね。

スポンサードリンク

 - ダイエット, 健康, 美容 , , ,