今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

酢卵の効果効能は?あさイチで作り方を紹介!アレンジレシピも!

      2017/03/26

あさイチで紹介された愛媛県内子の健康食「酢卵」!

酢卵の効果効能はすばらしく、高血圧や糖尿病ほか
体に良いことばかりです。

そんな酢卵の効果や、作り方、
アレンジレシピなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

酢卵の効果効能

酢卵は、卵をお酢に漬けて作りますが、
酢卵を作るときに、アミノ酸やカルシウムが溶け出し栄養たっぷり、
高血圧や、糖尿病に効果がある昔からある民間療法です。

愛媛の地元の方は、お肌もツルツルでしたよ。

酢の効能には脂肪を燃焼させる効果があり、
新陳代謝が良くなります。

limit_%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%946%e5%80%8b

また、高血圧や糖尿病の他に、神経痛やリュウマチ、
成人病など生活習慣病に効果があります。

その他、酢卵は、妊活中の女性にもオススメです。

酢卵を飲み続けて妊娠した方もいますので、
試してみる価値があると思いますよ。

卵の栄養

卵は、良質なたんぱく質で、ビタミンやミネラルが豊富な
 バランスのとれた完全食! 

ただ、卵だけでは不足する栄養素もあるので、
他バランスよく摂らないといけませんよ!

高カロリーで太りやすいイメージがありますが、
卵1個では、約91kcalです。

栄養価が高い所を考えると、それなりのカロリーはしかたありませんよね。

卵には脳を活性化する効果があり、アルツハイマーの予防や、
生活習慣予防、さらに抗酸化作用があるので、
美肌や風邪の予防などに効果的です。

卵の健康・美容効果

・脳の活性化
・生活習慣病予防
・風邪の予防
・ガン予防
・二日酔いの予防
・美肌効果

卵にはこのようなたくさんの効果効能がありますが、
食べすぎには注意ですよ。

酢の効果効能

お酢には必須アミノ酸やクエン酸など、私達のからだに必要な栄養素がたくさん含まれています。

美容や健康にはもちろん!生活のなかでも、
洗濯や掃除など、毎日の暮らしにも大活躍してくれます。

スポンサードリンク

お酢の健康・美容効果

・食欲増進効果
・疲労回復効果
・腐敗、殺菌効果
・減塩やカルシウムの吸収をサポート

お酢の暮らしに役立つ情報

・肉をやわらかく、魚は臭みをとる
・お風呂や台所の掃除
・柔軟剤や臭い予防

お酢は、身体に働きかけるだけじゃなく、
私達の生活にとっても役立つお助けマンです!

酢卵の作り方

では酢卵の作り方です。

とても簡単なので是非作ってみてください。

【作り方】

1.卵はよく洗い、保存容器もキレイに洗っておきます。

2.保存容器に卵を入れ、お酢を卵がつかるまで入れます。

3.キッチンペーパーなどでフタをして、冷蔵で一週間保存。

4.殻がお酢に溶けたら、薄皮を箸でやぶって、薄皮は取り出し、

卵とお酢をよく混ぜて出来上がりです。
※卵とお酢をいれたときはシュワシュワ泡が出ます。
※4日目ぐらいの泡だらけ状態では、鼻につくようなにおいがします。

110817a

酢卵のアレンジレシピ

酢卵は、そのままだと飲みにくいので、
原液100mlに対して、ハチミツ150g、レモン果汁10~20ml加え、
コレを水や牛乳で2~3倍に薄めて飲みます。

また、調味料として使うのも良いですね。
炒め物の隠し味に使ったり、お肉を漬けると軟らかくなります。

 ドレッシングだとたっぷりとれて良いですよ。 

酢卵ドレッシング

【材料】

酢卵:適量

オリーブオイル:適量

塩:適量

【作り方】

1.酢卵とオリーブオイルを少しずつ入れながら、
よく混ぜて、塩で味をつけて完成!

簡単で栄養満点のドレッシングです。
このほか、マヨネーズやしょう油に混ぜても美味しいです。

もともとお酢が苦手な方は、
料理に使うと食べやすいかも知れませんね。

まとめ

いかがでしたか?

作り方は簡単で、材料も手軽なのに
体にとても良い「酢卵」

ぜひ作ってみてくださいね!

スポンサードリンク

 - 健康, 生活情報 , ,