今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

IF関数で1から10までを指定する数式とは!?

   

IF関数で、例えば「1から10まで」を指定するにはどんな数式を当てはめれば良いのか・・・と悩んでしまう方も多いと思います。今回は「○以上△以下」などを指定する数式をご紹介します。

スポンサードリンク

IF関数で1から10までを指定する数式とは

IF関数の問題のなかで、例えば「1から10まで」と指定されていた時、どんな数式を当てはめれば良いか考えてしまいます・・・。そこで下記に参考にしていただきたい関数を紹介します。

AND関数

例)IF関数で、もしA1セルの値が「1以上、10以下の場合●、それ以外△と表示させる

という条件の場合、

=IF(AND(A1>=1,A1<=10),”●”,”△”)

という数式を入力します。

AND関数は、複数条件をすべて満たしているかを判定します。

もし(IF関数)、A1セルの値が

(AND関数)1以上・・・A1>=1
10以下・・・A1<=10

の両方の条件を満たしている場合、(真)”●”
そうでなければ、(偽)”△”

と表しています。

「>=」が「以上」(≧)を意味し、
「<=」が「以下」(≦)を意味していますから
「A1>= 1」はA1が1以上
「A1<=10」はA1が10以下という意味になります。


OR関数

また、

=IF(OR(A1<1,A1>10,),”△”,”●”)

と、OR関数でも可能になります。

OR関数は条件1、条件2のいずれかを満たしていれば良いと判定します。


もし(IF関数)、A1セルの値が

スポンサードリンク

(OR関数)1未満・・・A1<1
10を超える・・・A1>10

のどちらかの条件を満たしている場合、(真)”△”
そうでなければ、(偽)”●”

と表しています。

「>」が「超える」(>)を意味し、
「<」が「未満」(<)を意味していますから
「A1< 1」はA1が1未満
「A1>10」はA1が10を超えるという意味になります。

if関数の中にif関数

上記でお伝えした数式が、IF関数で1から10までを指定する数式に使えるのですが、if関数の中にif関数(IF関数の入れ子・ネスト)で、以下のようなケースでも「以上・以下」を指定することが可能です。

例)○○以上××以下という条件に合う場合、次の文字列を表示する

例えば、10を超えたときは、●
5以上10以下のときは、△
5未満では何も表示しないというケースです。

この場合は以下のような数式にしてください。

=IF(A1>10, “●”, IF(A1>=5, “△”, “”))


もし(IF関数)、A1セルの値が10を超える場合は●

IF(A1>10, “●”,

5以上10以下は△、5未満は空欄

IF(A1>=5, “△”, “”)

最初に10を超える場合を設定しているのでココでは、5以上のみを設定するだけで、5以上10以下という処理が行われます。

そして、5未満は空欄になります。

IF関数で1から10までを指定 まとめ

いかがでしたか?

今回は、IF関数で1から10までを指定する数式を紹介しました。
IF関数って、考えすぎると迷ったり、悩んだりすることがありますが、落ち着いてやってみると案外簡単だったりしますよね。

なんども練習すると、もっともっと関数が好きになってきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

あなたへのおすすめ記事

 - 生活情報 ,