今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

アイスノンの効果的な使い方は?脳にも良く集中力アップする!?

      2017/05/09

スポンサードリンク

冷凍庫に入れるだけで、手軽にヒンヤリとすることができる「アイスノン」

熱が出た時には、タオルで巻いて枕にする人も多いと思います。

しかし、アイスノンで熱を下げるには、
もっと効果的な使い方があるのを知っていますか?

そこで今回は、アイスノンで効果的に熱を下げる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

熱を下げる

熱を下げるのに頭を冷やしては危険?

熱が出た時に、アイスノンを枕にすると、
熱が下がるような気がしますが、実はあまり効果がありません。

それどころか、頸椎を冷やし、血管の収縮を招き、
肩こりや、頭痛を引き起こすこともあります。

熱を下げるには、血液を冷やすのが効果的です。

大きな血管が通っている、わきの下や太ももの付け根などを冷やします。

これは熱中症の対策も同じ、
身体を冷やすポイントは「動脈」です。

頚動脈のある首筋を冷やすのが効果的です。

他には、太い血管がある脇の下や、股関節を
タオルに巻いたアイスノンで冷やすとよいでしょう。

冷やしすぎもよくないですが、アイスノンは、体温や室温によって
徐々に効果が薄れていくので、特に問題なく使えると思います。

アイスノンが無い時は、適当な保冷剤や、ペットボトル(小さめ)を水を入れて凍らして、
タオルで巻いたものを使用すると経済的です。

images

勉強にはアイスノン

アイスノンは脳に利く冷たさ。
冷静に物事を考えるときによく、「頭を冷やせ!」と言いますよね。

頭を冷やす・・・これは理にかなったことなのです。

脳も使いすぎると熱をもちます、コンピュータなどと同じですね。

糖分の補給とともに、活発に脳を動かすには、頭を冷やすことは大切。
特に耳から下の部分を冷やすと、脳の働きがあがるそうです。

何かに集中したいときにも効果的です。

首用アイスノンを巻いて、勉強してみましょう!

rk319-1

記憶力アップにつながり、効率の良い勉強ができるでしょう!

頭が熱いと寝むれない理由

熱を生む部位の中で、脳は体の中の18%も占めています。

熱を生む部位のランキングは

骨格筋-約22%
肝臓-約20%
脳-約18%
心臓-約11%

人間の体温は、上半身が高く、下半身は低くなっています。

なので、この上半身と下半身の体温の差を、できるだけ小さくするため

「頭寒足熱」言われている、昔からの健康法があります。

頭と首を冷やすと眠れる理由

頭や首を冷やすと眠りやすくなる理由は、体温が下がるから…

睡眠と体温には関係があり、体温が下がるに連れ眠りも深くなります。
特に、寝入る時には、体温が下がっていることが大切になります。

就寝前に効率的に体温を下げるには、頭や首の後ろを冷やすのがオススメ。

頭や首には血管が集中しているので、血液が冷やされ、
冷えた血液が全身に回るので、体温が下がりやすくなるのです。

では、頭が熱くなるとどうして寝むれないのか…

なにが睡眠の妨げになるのでしょうか?

スマホやテレビ、パソコンなどは、目に光、つまり刺激物が入り、
目が覚めてしまい、脳にも刺激を与え、体全体に熱がこもり、
その結果、頭も熱くなります。

頭が熱くなると、寝る時に落ち着きがなくなったり、
不安や心配事が頭によぎってしまいます。

 なので、頭が熱いと、いつまでたっても眠れず、 頭が興奮状態になってしまってます。 

2~3時間後ようやく眠れたとしても、
いつもの時間に起きると、朝がだるかったり、
少し遅い時間に起きても、心地良い目覚めができないんですね・・・

勉強や、事務などの、オフィスワークもしている時もそうです。

頭を使う事をやっていると、頭が熱くなり、
心配事、悩みなど他の事を考えだし、
集中力がなくなってきます。

そんな時、少し休憩を入れて、脳を休めたり、
冷えピタなどを貼っておくと、
物事を考えず、勉強、仕事だけに集中できるので効率良くなります。

hiepita

日中、勉強・仕事・就寝時に頭を冷やす事で、
気持ちが安定して、不安やイライラがなくなり、
勉強、仕事では効率があがり、就寝時は心地良く眠る事ができるんです。

アイスノンの持続時間は?

アイスノンの持続時間は商品によって異なりますが、
8時間以上しっかりと冷やしていれば、通常「8〜10時間」は効果が期待できます。

つまり夜寝るときに使うと一晩中、冷たさが続くわけです。

寝苦しい夏の快眠のためには必需品ですよね。

エアコンばかりに頼ってしまうと体を冷やしすぎてしまいます。
これでは、かえって体がだるくなり、よくありません。

エアコンで部屋を冷やしすぎるのは体にとってNGなんです。

アイスノンを上手く使って、エアコンの設定温度を見直すと、
熱い夜でも快適に眠りにつくことができ、体の不調も改善するかも!

是非試してみて下さいね!(*^_^*)

アイスノンの注意点

アイスノンを使う時に注意してほしいのは「冷やし過ぎ」です。

アイスノンは長時間冷たい状態が続きます。
身体(血管)を冷やし過ぎると、かえって身体の調子が悪くなってしまいます・・・。

またアイスノンを、身体にあてて使う場合、直接肌にあてないようにしてくださいね!
使用する際には必ずタオルなどを巻いて使いましょう!

まとめ

アイスノンの効果的な使い方は・・・

・高熱が出た時は、血液を冷やすため、わきの下や鼠蹊部に当てる
・脳の働きをアップするために、「頭を冷やす」

熱を下げたり、脳の働きを上げたり、多様な使い方があるアイスノン。
疲れが出てくる夏、常に備えておきたいですね。

スポンサードリンク

 - 健康, 生活のアイデア , ,