今日、私には夢がある

夢を見るから、人生は輝く・・・なんちゃって

*

2016年スギ花粉飛散時期は?対策は?食事での予防法は?

   

花粉症の時期になると、 仕事は集中出来なくなり
勉強にも、なかなか身が入らなくなってしまいます。
毎日体調がすぐれないので
気分も滅入ってしまう、という方も多いと思います。

そんな花粉症の症状を少しでも和らげる為に
出来ることをいくつかまとめて見ました。

スポンサードリンク

スギ花粉の飛散開始時期

日本気象協会は、全国・都道府県別の2016年春の
花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉)を発表しました。

花芽調査などの結果を踏まえ、飛散予測をだしています。

2016年スギ花粉の、飛散開始時期は・・・

気温が高くなると、スギ花粉の飛散開始は、早まる傾向にあり、
2016年の1月と2月は、西日本と東日本は、
冬型の気圧配置が、長続きしない一方、
北日本は、寒気の影響を受ける見込み。

気温は、西日本と東日本は、平年並みか平年より高く、
北日本はほぼ平年並み。

そのため2016年春のスギ花粉の飛散開始は、
西日本と東日本では、例年より早くなり、
北日本は例年並みとなる見込みです。

ただし、スギ花粉は、飛散開始と認められる前から、
少しずつ量が飛び始めます。

2月上旬に飛散開始が予測される九州から関東は
1月のうちから、花粉対策を始めましょう。

地方概況

九州・・・2月上旬
四国・・・2月上旬
中国・・・2月上旬~2月中旬
近畿・・・2月中旬
東海・・・2月上旬~2月中旬
北陸・・・2月中旬~2月下旬
関東甲信・・・2月上旬~2月下旬
東北・・・2月下旬~3月中旬

花粉症対策

花粉症は花粉を体内に入れない事が大切です。
薬を飲む前に、セルフケアもやりましょう。

・マスクとメガネ
 基本ですが、マスクを着用するだけで、約3分の1の花粉をカットし、 症状を軽くする効果があります。 

スギ花粉は水につきやすいため、
マスク内に、小さな湿ったガーゼを当てると、
さらに鼻に入る花粉をカットできます。

またメガネをすると、眼に入る花粉の約40%をカットできるので、
とくに飛散の多い時間帯の外出では、しっかり保護してください。

・服装
花粉が最も付着しやすいのは、ウール類・・・
ウールコートに花粉がつく確立は、かなり高いので、
できるだけ、綿やポリエステルなどのジャケットなど
スベスベとした素材のものを着用した方がいいでしょう。

 帰宅後は、玄関に入る前に、衣類に付いた花粉を落として、家に入りましょう。 

基本 CMYK

スポンサードリンク

・掃除と換気
昼前後の花粉が最も多い時間に、換気をすることはとても危険です。
窓の開け閉めは、できるだけ少なくし、掃除は朝のうちに終らせてください。

・手洗いうがい
帰宅後の手洗い、うがいはもちろん、目や顔も洗ったほうがいいですよ
目は、瞬きをパチパチしながら洗うと効果的です。

食事での予防

・乳酸菌

乳酸菌は、腸内にいる細菌バランスを改善し、
免疫力を高め、アレルギーを抑える効果があると言われています。

ヨーグルト・味噌・納豆・醤油・ぬか漬け・酒かすといった、発酵食品にも
腸内環境を整える働きがあるので、花粉症やアレルギー症状のある人は、
毎日、積極的に食べると良いですね。

・ポリフェノール

ポリフェノールは、抗酸化物質が多く含まれ
毛細血管の強化、保護に効果があり
活性酵素を抑制し、血流を改善してくれます。

そして、ヒスタミンなどの、化学物質が出されるのを制し、
花粉症の症状を、穏やかにする効果があるといわれています。
花粉症だけでなく、アレルギー性鼻炎にも効果があります。
緑茶・大豆・ワイン等に含まれています。

・野菜類

野菜の中には、ポリフェノールだけでなく、
免疫機能を、高めるビタミンやミネラル、
腸内環境を整える、食物繊維がたくさん含まれてますので、
花粉症を予防するためにも、一年を通してたくさん野菜を食べましょう。

・EPAやDHA

EPAとDHAは免疫を正常にし、アレルギー症状を抑える効果があります。
アレルギー症状の原因、ロイコトリエンと言う物質があり
このロイコトリエンは、細胞膜の脂肪酸が変化して発生しますが、
EPAやDHAを多く取ることで発生を抑えることができるそうです。
あじ・さば・いわし・鯛等に含まれています。

139351

まとめ

花粉のシーズンに入ってしまったら、花粉症の症状悪化を防ぐため、
注意して、できるだけ花粉を体内に入れないよう工夫しましょう。

また症状が出る前から、治療を始めることも大切。
ひどくなる前に、早めに医師に診てもらいましょう。

スポンサードリンク

 - 健康 , , ,